Recruit求人のご案内

ストラデザインではWebディレクター/Webプロデューサー/テクニカルディレクター/プログラマを募集しています。
性格面、技術面に優れた「スーパーなディレクター」を随時募集しています。
また、弊社においてはHTMLやJavaScriptなどのフロントエンドの開発はもちろん、サーバー構築やシステム開発など、バックエンドの要件定義・設計・開発を行うプロジェクトも数多く存在しています。クライアントとともに優れたシステムを構築できる「話せるプログラマ」も募集しています。

当社が求める人材像

WebディレクターはWeb制作における「要」です。

優れたWebディレクターなくして、優れたWebサイトは完成しません。 また、優れた設計なくして、優れたWebサイトは完成しません。
料理を作る、家を建てる、車を作る、何を作るにしても「要」と「設計」とは欠かせません。
そんな「設計」をおこなえる「要」となる人材をストラデザインは求めています。

Webディレクターは、専門的な職人さん(プログラマ、デザイナーなど)と協力しながら、良いモノづくりを実践する必要があります。 そのために欠かせないのが「自ら手を動かして技術を習得する」ことの必要性です。 当社では、新人にはデザイン、コーディング、システム構築、ログ解析、設計業務等の「Webサイト構築に必要な知識・技術」を全て習得させます。

また、クライアントと一緒にディスカッションをしながらシステムを設計・構築できるテクニカルディレクター、プログラマーを求めています。 現在、難易度の高いシステム構築は、外部の協力会社に依頼をすることも多くありますが、今後は社内で全てを完結できる体制を整えたいと考えています。

5年も経てば、独り立ちできるぐらいの技術力や知識がつきます。
独立についても、その希望を絶つことは極力しません。
どんどん知識・技術を得て、どんどん偉くなって、独立して会社を作ってください。

当社の人事方針と企業文化

新卒の方は「やんわり、ビシバシ」育てます。
中途の方は「前職技術と当社技術の融合」に期待しています。

社員全員が「話がしやすく働きやすい」、活気のある職場を提供できるように努めています。

ストラデザインの環境づくり

ストラデザインの日常

スタッフインタビュー

池仁(IkeJin):2012年入社

入社のキッカケは何ですか?

私は気づけば早数年の時を経ていますが、1つ目に「数名のベンチャー起業であれば、様々な業務へのチャンスを得られる」と考えていた点がキッカケとなります。

チャンスは時には失敗や、成功と、なにかしらの結果が付いて回りますが、そこからの反省を得ることで自分自身の糧に繋がるのは、とても大きいと感じています。

また、2つ目は「会社での過ごしやすさ」が挙がります。
非常に些細なことかもしれませんが、これから先、働く環境で時には真面目に、時にはとりとめないやりとりを代表の吉尾を含め仲間と交わせる点(誕生日を祝ったり...etc)をインターン時に感じたのが、キッカケと言えます。

結果論とはなりますが、当時を思い返すと「何をするのだろう」といった「不安な思い」、「メンタル面としての弱さ」や自分自身の技術的な不足などが多かったのですが、そういった点を強化できる、醸成してこれたと感じられ、とても大きな財産になっているのではないかと感じています。

ストラデザインのことを教えて下さい

ストラデザインは主にwebサイトの構造設計を業務としておりますが、実はwebに関わらない別の媒体や、プロジェクトマネジメント等にも強い制作会社だと感じています。

私個人ではまだまだ力不足な点がありますが、代表の吉尾を含め他のディレクター・スタッフ一人一人に大きな魅力があり、時にはお互いの意見をぶつけ、磨き合うことでお互いを高めあうことができる柔軟性を持っています。
そのため、web制作は確かに主の業務ではあるものの、webに関わらず様々な業種への力も見いだすことができ、その時に応じた臨機応変さを持ち合わせたキャラクターを成熟させることができるチームだと日々感じています。
また、主の構造設計についてもお客様の要望に添いつつ、論理立てた確かな設計・デザイン・構築を提供できる会社です。

月並みなお話となりますが、業務外では、クリスマスにはクリスマス仕様へと社内の装いを切り替えたりなど、催しごとへの意識も高い会社です。例えば年末には忘年会などなど締めを忘れない、遊ぶ時は遊ぶ、オン・オフへの切り替えがしっかりとしています。

これから先、まだまだ会社としても成長をしながら、時には立ち止まり、休みながら、少数ならではの柔軟性を忘れずに、自分を高めることができる会社だと感じています。

KUAN(Kuan.C):2015年入社

入社のキッカケは何ですか?

就職活動において、私の軸は「社会に役立ちたい」と「自分の能力を活かしたい」です。

とはいっても、社会人になる時点でもう両方とも成立していると思いますので、一番大事なのはやはり会社の雰囲気です。
もし社長が毎日社員を叱っていて、先輩に質問しても全然答えてくれないような会社であれば、私は絶対入社したくないです。

ストラデザインでは、私のインターンの時から、みなさんに優しく接していただいています。
仕事上わからないことがあれば、すぐ教えていただけます。
仕事の話はもちろん、最近の「はまっていること」など、どんな話題でも盛り上がります。
誰とでも、簡単に楽しく会話ができます。

私の入社のキッカケはこのアットホームな雰囲気と楽しく仕事ができる環境です。

ストラデザインのことを教えて下さい

現在、月に1回の社内フリープレゼンテーションを行っています。
毎月一人が担当しています。

テーマは自由なので、自分の番の時たまに困っていますが、プレゼン能力も鍛えられるし、社内全員の強みや趣味など全然違うので、プレゼンの内容の分野も人によって異なります。自分の知らないことばかりで、毎回勉強になります。
しかも、個別で用意していますので、毎回新鮮感が溢れるプレゼンテーションです。

最後に質問コーナーもありまして、自分が思ったことを言ったり、知りたいことをいろいろ聞いたりしています。

香菜子(Kanako.S):2016年入社

入社のキッカケは何ですか?

就職活動中、学校のホームページに掲載されていた求人を見たのが最初の出会いでした。
もともとweb関係の仕事に興味があった私は、いくつかの企業を巡っていました。

その中でストラデザインに入社を決めたキッカケは、選考過程のインターンで本当にありのままの業務や会社の姿を見てほしいという姿勢を感じたからです。

良い部分も悪い部分も知った上で入社を希望するか決めて欲しい、そういう意志を感じました。そして実際に体験した会社の雰囲気は、とても過ごしやすく、でもメリハリがあり、ここで働いてたくさんのことを勉強して活躍したい、と思えるものでした。
そして選考の最終段階でお互いの意志確認をし、私はストラデザインへの入社を決めました。

ストラデザインのことを教えて下さい

社内の雰囲気は、選考過程のインターンの時の穏やかな雰囲気と本当に変わらなくて驚きです。カフェのような雰囲気のオフィスの中で穏やかに、でも仕事はしっかりやる、そういう雰囲気を感じます。

また社長と社員の距離が近いところも魅力的です。社長と直々にホームページのレイアウトの相談などをしている先輩社員を見ると、私も早く成長してこういう仕事をしたい!と思います。
また遊ぶ時は遊ぶ、やる時はしっかりやるというメリハリがある所も魅力的だと思います。打ち上げなどに何度か参加させていただいたのですが、いずれもそういったメリハリを強く感じられるものでした。

まとめると、全体的に人と人の距離が近い、そこが一番の魅力だと思います。

募集要項

募集要項は以下の通りです。

採用プロセス

採用プロセスは以下のとおりです。
弊社に興味のある方は、お問い合わせフォームよりお気軽にお問合せください。

新卒・第二新卒の方の採用フロー

  • 1会社説明会

    新卒の学生向けには、定期的に会社説明会を開催しております。入社の希望の有無にかかわらず、興味のある方はお気軽にご参加ください。

    2017年開催スケジュール
  • 2一次面談

    会社説明会で弊社にご興味を持っていただいた方は、一次面談へとお進みください。採用担当者とのマンツーマンの面談により、あなたのことを詳しく教えてください。更に、説明会で不明な点や更に詳しい情報など、お気軽にご質問ください。

  • 3インターン

    3日から5日、弊社にお越しいただき、実際の業務を体験していただきます。説明会や面談に偽りはないのか、永く勤められる会社なのか、実際の業務を通して弊社を精査してください。

    インターン注意事項
  • 4最終面談

    一次面談やインターンを通して、一緒に働いてみたい、と感じていただいた方は、最終面談へとお進みください。

    採用実績

中途の方の採用フロー

  • 1書類の送付

    職務経歴書、履歴書、ポートフォリオをメールにてお送りください。おって、採用担当者より一次面談のスケジュールのご案内等を入れます。

  • 2一次面談

    採用担当者とのマンツーマンの面談により、あなたのことを更に詳しく教えて下さい。また、ご不明な点などがあれば、お気軽にご質問ください。

  • 3インターン

    3日から5日、弊社にお越しいただき、実際の業務を体験していただきます。説明会や面談に偽りはないのか、永く勤められる会社なのか、実際の業務を通して弊社を精査してください。

    インターン注意事項
  • 4最終面談

    一次面談やインターンを通して、一緒に働いてみたい、と感じていただいた方は、最終面談へとお進みください。